よもぎ蒸しの歴史

よもぎ蒸しの発祥は約600年前、西暦で言うと1400年ごろと言われています。

発祥の国は韓国が有名ですが、アジアの国々でも同じように古くから行われていたそうです。

主に、産後の肥立ちを良くするために、
伝統的に婦人病の薬草として使われてきた「よもぎ」を使用して行われた民間療法として受け継がれてきています。

よもぎ蒸しをすると、産後の戻りが早く良くなり、
お肌がキレイになったり、
様々な体の不調も改善されることが多く、
600年以上経ち、女性に欠かせないケアとして、日本でも広まっています。

お客様でも多く聞かれるのが、生理不順や、生理痛、不妊、子宮筋腫などの疾患、そして更年期の症状など、
女性に特有のお悩み。

よもぎ蒸しは、ダイレクトに膣や子宮にアプローチできるケアの一つと言えます。

そして何より気持ちがいい!

意外だったのが、よもぎ蒸しをやったことがない、という方が多いこと。

ドキドキしながらいらして、その気持ちよさにはまってしまう方が結構いらっしゃいます。

ぜひKisuiの黄土よもぎ蒸しを体験しにいらしてくださいね。

ヒーリング&リラクゼーションKisui

黄土スチームケアよもぎ蒸し
黄土熟成よもぎ蒸し