一味違うオイルトリートメント

今日は、Kisuiのオイルトリートメントについてご紹介します。
先日オイルトリートメントを受けられたお客様にこんな事を言われました。「変わったやり方ですね、足から始めるのではないのですね。」

その方はアロマセラピストさんだったのですが、
一般的なアロマトリートメントのやり方とは違ったようで驚かれておられました。

Kisuiではエッセンシャルオイル(アロマ)も使いますし、
オイルトリートメントと聞くとアロマセラピーのトリートメントを思い浮かべる方が多いと思いますが、
何を隠そう私自身はアロマセラピストではなく、
推拿(スイナ)整体セラピストなので、
オイルトリートメントもスイナの手技が元になっているのです。

そもそもスイナって?なに?とお思いの方も多いと思います。

スイナとは、中国医学がベースになっている手技療法で、
ものすごく簡単に言ってしまえばツボを刺激したり、
経絡(けいらく)という体の気(エネルギー)の流れを意識して全体のバランスを整える療法です。

世の中には様々な手技療法がありますが、
そのほとんどの手技はスイナに含まれていると言っても過言ではないくらい、
多くの手技があります。

Kisuiのオイルトリートメントは、スイナの手技を駆使した、心地よくも力強いトリートメントなのです。

その時のお客様の状態にもよりますが、
まず「命門」という腰の中心辺りにあるツボへオイルをたっぷりと浸透させていくところからはじまります。
命の門というだけあって、全身を命門の火で温めることのできるという重要なツボです。

オイルを通すと、整体などの施術にはないなめらかなリズムでトリートメントを行うことができ、
お客様の現在の状態がよりダイレクトに、手を通して伝わってきます。

そしてKisuiでは有機栽培か野生の植物から採れた、
素晴らしい香りのエッセンシャルオイルを贅沢に使用しておりますが、
その豊かで深みのある香りに包まれながら、
オイルの豊富な有効成分を皮膚を通して吸収できるのもオイルトリートメントの醍醐味ですね。

本日もご来店をお待ちしております。

ご予約はこちら


オーガニックアロマトリートメント
オーガニックアロマトリートメント