一味違うオイルトリートメント

今日は、Kisuiのオイルトリートメントについてご紹介します。
先日オイルトリートメントを受けられたお客様にこんな事を言われました。「変わったやり方ですね、足から始めるのではないのですね。」

その方はアロマセラピストさんだったのですが、
一般的なアロマトリートメントのやり方とは違ったようで驚かれておられました。

Kisuiではエッセンシャルオイル(アロマ)も使いますし、
オイルトリートメントと聞くとアロマセラピーのトリートメントを思い浮かべる方が多いと思いますが、
何を隠そう私自身はアロマセラピストではなく、
推拿(スイナ)整体セラピストなので、
オイルトリートメントもスイナの手技が元になっているのです。

そもそもスイナって?なに?とお思いの方も多いと思います。

スイナとは、中国医学がベースになっている手技療法で、
ものすごく簡単に言ってしまえばツボを刺激したり、
経絡(けいらく)という体の気(エネルギー)の流れを意識して全体のバランスを整える療法です。

世の中には様々な手技療法がありますが、
そのほとんどの手技はスイナに含まれていると言っても過言ではないくらい、
多くの手技があります。

Kisuiのオイルトリートメントは、スイナの手技を駆使した、心地よくも力強いトリートメントなのです。

その時のお客様の状態にもよりますが、
まず「命門」という腰の中心辺りにあるツボへオイルをたっぷりと浸透させていくところからはじまります。
命の門というだけあって、全身を命門の火で温めることのできるという重要なツボです。

オイルを通すと、整体などの施術にはないなめらかなリズムでトリートメントを行うことができ、
お客様の現在の状態がよりダイレクトに、手を通して伝わってきます。

そしてKisuiでは有機栽培か野生の植物から採れた、
素晴らしい香りのエッセンシャルオイルを贅沢に使用しておりますが、
その豊かで深みのある香りに包まれながら、
オイルの豊富な有効成分を皮膚を通して吸収できるのもオイルトリートメントの醍醐味ですね。

本日もご来店をお待ちしております。

ご予約はこちら


オーガニックアロマトリートメント
オーガニックアロマトリートメント

ヘナで頭も身体もスッキリ

おススメメニューのご紹介です。

5月半ばに入り、新生活や、新たな環境でのお疲れも蓄積してくる頃。

そんな時におススメなのが、
頭をクールダウンさせ、リラックス作用抜群のデトックスヘナパックです。

白髪をオレンジ色に染める事で知られていますが、

ヘナには、肝臓の解毒作用を高めたり、
ホルモンバランスを整える作用があります。

つまりお疲れの時や、イライラや不安で自律神経の乱れが気になる時に最適。

インドのラジャスタン地方のヘナは、とても上質で知られており、

Kisuiでは、そんな上質なヘナの中でもさらに厳選された、
100%葉の部分のみを使用したナチュラルで、新鮮なヘナパウダーを使用しております。

そうは言ってもどんな風にされるのか不安な方のために、
施術の流れをご紹介します。

1、まずは頭皮の固さや、色を見て今どんな状態なのかをチェック。

2、その後、抗酸化作用の強いセサミオイルに、つばき油や、ローズなどをブレンドされた「美らさーやなオイル」で頭皮のマッサージを行います。

この時点ですでにウトウト。

3、次にメインのヘナを頭皮を中心にたっぷり塗り込みパックしていきます。

Kisuiでは、ヘナの他に3種類のハーブパウダーをお客様の状態に合わせてブレンドして使用します。
1つ目は、ビタミンC豊富で若返りのアーマラキー。トリートメント効果抜群です。

2つ目は、インディゴ。
殺菌作用もあり、頭皮が脂っぽい方にオススメ。ヘナのオレンジに対し、やや暗めブラウン~ブラックの色が髪に着きます。

3つ目は、ハーバルブレンド。
ローズやサンダルウッドなどのハーブの相乗効果でヘナの作用を高めます。
天然の石鹸成分であるシカカイが入っているので、サッパリサラサラな仕上がりになります。

ヘナパックを頭皮に塗り込んで行く際のジュワーっと浸透して行く感覚は言葉にはできない心地よさ。
是非ぜひ体感して頂きたいです。

4、全体にヘナパックが行き渡ったら、足湯をしていきます。
この足湯にもヘナをたっぷりと入れてあります。

頭にヘナパック、足元は足湯で、頭寒足熱の理想的な体の状態を状態を作り出します。

5、20分ほど置いたら、しっかりと洗い流します。
洗面台のコーナーへご案内いたします。
こちらの洗い流しと、ブローはお客様ご自身でお願いしております。

ブローには、髪にも体にも優しい復元ドライヤーをお使いいただけます。

是非Kisuiでデトックスヘナパックをお試しください。

IPM ヘナ
IPM ヘナ

手前みそ作りワークショップ2018

塩きり麹
塩きり麹

昨日は、うみかぜ整体院さんと一緒に、2018年初のみそづくりをしました。

 

使用したのは、地元藤沢産の津久井在来種の大豆、

天日海塩、

生米麹。

 

今年は、仕上げに酒かすで蓋をしてみました。

仕上がりが楽しみです。

 

さて、こちらKisuiでは3/3(土)に手前みそ作りワークショップを予定しています。

 

募集は締め切りましたが、

あと1名様まで参加可能です。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

こだわりの有機ひよこ豆とさらっさらの天然海塩、エネルギー溢れる生麹をつかって

めずらしいひよこ豆の味噌を作ります。

 

一人ではなかなか難しいですが、みんなでやると楽しくてあっという間です。

 

今年は、ひよこ豆の味噌をつくります。

ひよこ豆はとても甘くてフルーティーな味わいも感じられます。

お味噌汁はもちろんの事、オリーブオイルと合わせてドレッシングなど洋風のお料理にもよく合います。

 

昨年のひよこ豆みそ、大豆みそのお味見もできます。

 

2キロくらいのお味噌がお持ち帰りできます。

 

 

【日時】 2018年 3月3日(土)   

 

13時から夕方くらいまで予定。

(終了までになりますので、時間に余裕をもってご参加ください)

 

【持ち物】 味噌を入れる器(3ℓほどの大きさのもの) エプロン 三角巾 手拭きタオル 

 

【参加費】 5000円

 

【定員】 5名まで  (残り1名)

 

【場所】 江の島 イーファスティング湘南 

 

※材料はお取り寄せするため、2/13以降のキャンセルはキャンセル料金がかかります。

 

味噌を保存する容器は大きすぎても小さすぎてもよくありません。

素材は、気温の影響を受けにくいホーローや陶器の物がおすすめでおいしく仕上がりますが、

プラスチックの物でも構いません。

 

 

 

 

 

ブルーマロウ

ブルーマロウの花
ブルーマロウの花
ハーブの畑から持ち帰ったブルーマロウ。

花は摘み取って乾燥させておき、ハーブティーに。

花を摘み取っても次々に花を咲かせてくれます。

比較的育てやすいハーブだそうです。

ハーブティーにすると色がとても美しく、
透き通った青色は、レモンなど酸味を加えるとピンクに色を変えます。

とても大好きなハーブの一つです。


ハーブ倶楽部

富士山
富士山
カモミール
カモミール
カモミールの入浴剤
カモミールの入浴剤

一味違うオイルトリートメント

今日は、Kisuiのオイルトリートメントについてご紹介します。
先日オイルトリートメントを受けられたお客様にこんな事を言われました。「変わったやり方ですね、足から始めるのではないのですね。」

その方はアロマセラピストさんだったのですが、
一般的なアロマトリートメントのやり方とは違ったようで驚かれておられました。

Kisuiではエッセンシャルオイル(アロマ)も使いますし、
オイルトリートメントと聞くとアロマセラピーのトリートメントを思い浮かべる方が多いと思いますが、
何を隠そう私自身はアロマセラピストではなく、
推拿(スイナ)整体セラピストなので、
オイルトリートメントもスイナの手技が元になっているのです。

そもそもスイナって?なに?とお思いの方も多いと思います。

スイナとは、中国医学がベースになっている手技療法で、
ものすごく簡単に言ってしまえばツボを刺激したり、
経絡(けいらく)という体の気(エネルギー)の流れを意識して全体のバランスを整える療法です。

世の中には様々な手技療法がありますが、
そのほとんどの手技はスイナに含まれていると言っても過言ではないくらい、
多くの手技があります。

Kisuiのオイルトリートメントは、スイナの手技を駆使した、心地よくも力強いトリートメントなのです。

その時のお客様の状態にもよりますが、
まず「命門」という腰の中心辺りにあるツボへオイルをたっぷりと浸透させていくところからはじまります。
命の門というだけあって、全身を命門の火で温めることのできるという重要なツボです。

オイルを通すと、整体などの施術にはないなめらかなリズムでトリートメントを行うことができ、
お客様の現在の状態がよりダイレクトに、手を通して伝わってきます。

そしてKisuiでは有機栽培か野生の植物から採れた、
素晴らしい香りのエッセンシャルオイルを贅沢に使用しておりますが、
その豊かで深みのある香りに包まれながら、
オイルの豊富な有効成分を皮膚を通して吸収できるのもオイルトリートメントの醍醐味ですね。

本日もご来店をお待ちしております。

ご予約はこちら


オーガニックアロマトリートメント
オーガニックアロマトリートメント

ヘナで頭も身体もスッキリ

おススメメニューのご紹介です。

5月半ばに入り、新生活や、新たな環境でのお疲れも蓄積してくる頃。

そんな時におススメなのが、
頭をクールダウンさせ、リラックス作用抜群のデトックスヘナパックです。

白髪をオレンジ色に染める事で知られていますが、

ヘナには、肝臓の解毒作用を高めたり、
ホルモンバランスを整える作用があります。

つまりお疲れの時や、イライラや不安で自律神経の乱れが気になる時に最適。

インドのラジャスタン地方のヘナは、とても上質で知られており、

Kisuiでは、そんな上質なヘナの中でもさらに厳選された、
100%葉の部分のみを使用したナチュラルで、新鮮なヘナパウダーを使用しております。

そうは言ってもどんな風にされるのか不安な方のために、
施術の流れをご紹介します。

1、まずは頭皮の固さや、色を見て今どんな状態なのかをチェック。

2、その後、抗酸化作用の強いセサミオイルに、つばき油や、ローズなどをブレンドされた「美らさーやなオイル」で頭皮のマッサージを行います。

この時点ですでにウトウト。

3、次にメインのヘナを頭皮を中心にたっぷり塗り込みパックしていきます。

Kisuiでは、ヘナの他に3種類のハーブパウダーをお客様の状態に合わせてブレンドして使用します。
1つ目は、ビタミンC豊富で若返りのアーマラキー。トリートメント効果抜群です。

2つ目は、インディゴ。
殺菌作用もあり、頭皮が脂っぽい方にオススメ。ヘナのオレンジに対し、やや暗めブラウン~ブラックの色が髪に着きます。

3つ目は、ハーバルブレンド。
ローズやサンダルウッドなどのハーブの相乗効果でヘナの作用を高めます。
天然の石鹸成分であるシカカイが入っているので、サッパリサラサラな仕上がりになります。

ヘナパックを頭皮に塗り込んで行く際のジュワーっと浸透して行く感覚は言葉にはできない心地よさ。
是非ぜひ体感して頂きたいです。

4、全体にヘナパックが行き渡ったら、足湯をしていきます。
この足湯にもヘナをたっぷりと入れてあります。

頭にヘナパック、足元は足湯で、頭寒足熱の理想的な体の状態を状態を作り出します。

5、20分ほど置いたら、しっかりと洗い流します。
洗面台のコーナーへご案内いたします。
こちらの洗い流しと、ブローはお客様ご自身でお願いしております。

ブローには、髪にも体にも優しい復元ドライヤーをお使いいただけます。

是非Kisuiでデトックスヘナパックをお試しください。

IPM ヘナ
IPM ヘナ

手前みそ作りワークショップ2018

塩きり麹
塩きり麹

昨日は、うみかぜ整体院さんと一緒に、2018年初のみそづくりをしました。

 

使用したのは、地元藤沢産の津久井在来種の大豆、

天日海塩、

生米麹。

 

今年は、仕上げに酒かすで蓋をしてみました。

仕上がりが楽しみです。

 

さて、こちらKisuiでは3/3(土)に手前みそ作りワークショップを予定しています。

 

募集は締め切りましたが、

あと1名様まで参加可能です。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

こだわりの有機ひよこ豆とさらっさらの天然海塩、エネルギー溢れる生麹をつかって

めずらしいひよこ豆の味噌を作ります。

 

一人ではなかなか難しいですが、みんなでやると楽しくてあっという間です。

 

今年は、ひよこ豆の味噌をつくります。

ひよこ豆はとても甘くてフルーティーな味わいも感じられます。

お味噌汁はもちろんの事、オリーブオイルと合わせてドレッシングなど洋風のお料理にもよく合います。

 

昨年のひよこ豆みそ、大豆みそのお味見もできます。

 

2キロくらいのお味噌がお持ち帰りできます。

 

 

【日時】 2018年 3月3日(土)   

 

13時から夕方くらいまで予定。

(終了までになりますので、時間に余裕をもってご参加ください)

 

【持ち物】 味噌を入れる器(3ℓほどの大きさのもの) エプロン 三角巾 手拭きタオル 

 

【参加費】 5000円

 

【定員】 5名まで  (残り1名)

 

【場所】 江の島 イーファスティング湘南 

 

※材料はお取り寄せするため、2/13以降のキャンセルはキャンセル料金がかかります。

 

味噌を保存する容器は大きすぎても小さすぎてもよくありません。

素材は、気温の影響を受けにくいホーローや陶器の物がおすすめでおいしく仕上がりますが、

プラスチックの物でも構いません。

 

 

 

 

 

ブルーマロウ

ブルーマロウの花
ブルーマロウの花
ハーブの畑から持ち帰ったブルーマロウ。

花は摘み取って乾燥させておき、ハーブティーに。

花を摘み取っても次々に花を咲かせてくれます。

比較的育てやすいハーブだそうです。

ハーブティーにすると色がとても美しく、
透き通った青色は、レモンなど酸味を加えるとピンクに色を変えます。

とても大好きなハーブの一つです。


ハーブ倶楽部

富士山
富士山
カモミール
カモミール
カモミールの入浴剤
カモミールの入浴剤